日本道観総本部だより

日本道観総本部スタッフが、四季折々の写真とともに、おたよりするよう更新します。

【雀始巣】 日本道観総本部 2019年3月21日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『雀始巣〜すずめはじめてすくう』です。 2019年3月21日~3月25日 雀が巣を作り始める頃。 「つがい」で行動する雀の姿が目につくようになります。 民話、童謡にも用いられ、日本人にと…

【春分】 日本道観総本部 2019年3月21日

日本道観総本部スタッフです。 本日 3月21日は、二十四節気の 『春分〜しゅんぶん』です。 冬の寒さも和らぐ頃。 昼と夜の長さが、ほぼ同じになる日です。 そして、桜の開花情報が聞かれるのも この頃からです。 昔から『暑さ寒さも彼岸まで』と言いますね。…

【菜虫化蝶】 日本道観総本部 2019年3月16日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『菜虫化蝶〜なむしちょうとなる』です。 2019年3月16日~3月20日 冬を越したさなぎが羽化し、蝶へと生まれ変わって、 軽やかに舞い飛ぶ頃。 菜虫とは、菜の花や大根や蕪などの葉につく …

【桃始笑】 日本道観総本部 2019年3月11日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『桃始笑〜ももはじめてさく』です。 2019年3月11日~3月15日 桃のつぼみが開き、花が咲き始める頃。 「咲く」という言葉を「笑う」とあらわすのは 日本語の表現力の豊かさですね。 確か…

【蟄虫啓戸】 日本道観総本部 2019年3月6日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『蟄虫啓戸〜すごもりむしとをひらく』です。 2019年3月6日~3月10日 土中で冬眠をしていた虫たちが、 暖かい春の日差しのもとに出て きはじめる頃。 土から出る事を、「とをひらく」 と…

【啓蟄】 日本道観総本部 2019年3月6日

日本道観総本部スタッフです。 本日 3月6日は、二十四節気の 『啓蟄〜けいちつ』です。 「啓」は「開く」、「蟄」は 「虫などが土中に隠れ閉じこもる」という意味で、 虫が冬眠から目覚め活動を始める頃を指します。 虫が活動を始めるのは、一日の平均気温が…

【草木萠動】 日本道観総本部 2019年3月1日

日本道観総本部スタッフです。 今日から弥生3月ですね。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『草木萠動〜そうもくめばえいずる』です。 2019年3月1日~3月5日 雨水の末候。 ほんのりと薄緑に色づく草花の芽が見られる頃。 やわらかい春の日差しの中、木…

【霞始靆】 日本道観総本部 2019年2月24日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『霞始靆〜かすみはじめてたなびく』です。 2019年2月24日~2月28日 霧やもやのため、遠くの山や景色が ほのかに現れては消え、山野の情景に趣が加わる頃。 春に出る霧を霞(かすみ)と呼…

【土脉潤起】 日本道観総本部 2019年2月20日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『土脉潤起〜つちのしょうううるおいおこる』です。 2019年2月19日~2月23日 冷たい雪が暖かい春の雨に変わり、 大地が潤い活気づく頃。 降っていた雪がしっとりとした春の雨に変わり、 …

【雨水】 日本道観総本部 2019年2月19日

日本道観総本部スタッフです。 本日 2月19日は、二十四節気の 『雨水〜うすい』です。 雨水は雪から雨に変わる頃を言います。 降っていた雪が春の雨に変わり、 冬の間積もっていた雪や氷が 解けて水になる頃という意味です。 立春から2週間過ぎ、日も随分長…

【魚上氷】 日本道観総本部 2019年2月14日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『魚上氷〜うおこおりをいずる』です。 2019年2月14日~2月18日 春の暖かさで湖や川の氷が割れ、 氷下で泳いでいた魚が氷の上に跳ね上がる頃。 温かくなった水の中に、 ゆらゆら泳ぐ魚の…

【黄鶯睍睆】 日本道観総本部 2019年2月9日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『黄鶯睍睆〜うぐいすなく』です。 2019年2月9日~2月13日 「ホーホケキョ」と、ウグイスが 美しい鳴き声を響かせて春の到来を告げる頃。 実は、「ホーホケキョ!」と鳴くのは雄だけです…

【東風解凍】 日本道観総本部 2019年2月5日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『東風解凍〜はるかぜこおりをとく』です。 2019年2月4日~2月8日 このところ、風の強い日が多いですね。 周期的な低気圧の通過によって、 春の兆しとなる暖かい春の風も吹き始めていま…

【立春】 日本道観総本部 2019月2月4日

日本道観総本部スタッフです。 本日 2月4日は、二十四節気の 『立春〜りっしゅん』です。 立春は暦の上で春が始まる日を言います。 二十四節気の最初の節で、立春の前日の節分は 季節の分かれ目を指し、八十八夜や二百十日などは 立春から数えます。 梅の花…

【節分】 日本道観総本部 2019年2月3日

日本道観総本部スタッフです。 本日 2月3日は『節分〜せつぶん』です。 節分は季節の分かれ目で、 本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日を指しますが、 現在では節分というと春の節分、立春の前日を指します。 これは立春から始まる二十四節気が春の節分で一…

【鶏始乳】 日本道観総本部 2019年1月30日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『鶏始乳〜にわとりはじめてとやにつく』です。 2019年1月30日~2月2日 鶏が春の気配を感じ、卵を産み始める頃。 養鶏が中心となった現代では分かりづらい状況ですが、 元々は、鶏の産卵…

【水沢腹堅】 日本道観総本部 2019年1月25日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 大寒の次候 『水沢腹堅〜さわのみずこおりつめる』です。 2019年1月25日~1月29日 沢の水が氷となり、厚く張りつめる頃。 例年この時期に、一年での最低気温の記録が 出ることが多いよう…

【款冬華】 日本道観総本部 2019年1月21日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、 『款冬華〜ふきのはなさく』です。 2019年1月20日~1月24日 大寒の初候。凍てついた地面に 蕗(ふき)の花が咲き始める頃。 地面には雪が積もり、一年でも 最も強い寒気が襲ってくる時期…

【大寒】 日本道観総本部 2019年1月20日

日本道観総本部スタッフです。 本日 1月20日は、二十四節気の 『大寒〜だいかん』です。 文字を見ただけで、ブルッと寒さで震えそうですね。 大寒は、小寒から数えて15日目頃。 冬の季節最後の節気です。 寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い頃です。 …

【雉始雊】日本道観総本部 2019年1月15日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、『雉始雊〜きじはじめてなく』です。 2019年1月15日~1月19日 本日より、小寒の末候「雉始雊」に変わりました。 オスの雉(キジ)がメスに求愛するため鳴き始める頃。 他の鳥や自然界の生…

【水泉動】 日本道観総本部 2019年1月11日

日本道観総本部スタッフです。 今の時期は、二十四節気七十二候では、『水泉動〜しみずあたたかをふくむ』です。 2019年1月10日~1月14日 地中で凍っていた泉の水が少しづつ溶け始める頃。 地上では、空気がとても冷たく、一年でも最も寒い時期ですが、 私た…

【芹及栄・七草】 日本道観総本部 2019年1月7日

日本道観総本部スタッフです。 2019年1月6日より、二十四節気七十二候では、小寒の次候『芹及栄〜せりすなわちさかう』です。 芹が生え始める頃。 芹は春の七草のひとつで、冷たい水辺で育ちます。 春の七草には欠かせない存在です。 今日1月7日は「七草」で…

【小寒】 日本道観総本部 2019年1月6日

日本道観総本部スタッフです。 本日 1月6日は、二十四節気の 『小寒〜しょうかん』です。 小寒の本日が「寒の入り」となり、 節分までの期間を「寒の内」と言います。 いよいよ、これから寒さが更に厳しくなって いく・・・そんな時期となりました。 冬至か…

【 雪下出麦】 日本道観総本部 2019年1月1日

明けましておめでとうございます。 日本道観総本部スタッフです。 2019年となりました。 新年、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 本日より、二十四節気七十二候では、冬至の末候『雪下出麦〜ゆきわたりてむぎのびる』です。 2019年1月1日~1月5日 雪下出麦…

【麋角解】 日本道観総本部 2018年12月26日

日本道観総本部スタッフです。 本日より、二十四節気七十二候では、冬至の次候『麋角解〜さわしかつのおつる』です。 2018年12月26日~12月31日 いよいよ今年最後の七十二候となりました。 とても難しい漢字が使われていますね。 「麋角解」とは、鹿の角が抜…

【乃東生】 日本道観総本部 2018年12月22日

日本道観総本部スタッフです。 本日より、二十四節気七十二候では、冬至の初候『乃東生〜なつかれくさしょうず』です。 2018年12月22日~12月25日 夏になると枯れてしまう靭草(うつぼぐさ) の芽が出る頃。 草木のほとんどが枯れていく中 芽を出す靭草。不…

【冬至】 日本道観総本部 2018年12月22日

日本道観総本部スタッフです。 本日 12月22日は、二十四節気の 『冬至〜とうじ』一年で昼が最も短い日です。 冬至を中心として約2週間前に大雪 (雪が強く降り始める頃)があり、 約1ヶ月後に大寒(最も寒さが厳しい頃) がやってきます。 冬至と言えば、…

【鱖魚群】日本道観総本部 2018年12月17日

日本道観総本部スタッフです。 本日より、二十四節気七十二候では、『鱖魚群〜さけのうおむらがる』です。 2018年12月17日~12月21日 鮭が川を遡上する頃。 川の上流で生まれた稚魚は、海へと下り、 数年かけて産卵のために自分の生まれた川へと戻ります。 …

【熊蟄穴】日本道観総本部 2018年12月12日

日本道観総本部スタッフです。 本日より、二十四節気七十二候では、『熊蟄穴〜くまあなにこもる』です。 2018年12月12日~12月16日 熊が冬ごもりの時期に入り穴にこもる頃。 熊は春になるまで、穴の中で過ごします。 冬眠とは違いますが、巣穴の中では ほと…

【閉塞成冬】 日本道観総本部 2018年12月7日

日本道観総本部スタッフです。 本日より、二十四節気七十二候では、『閉塞成冬〜そらさむくふゆとなる』です。 2018年12月7日~12月11日 天地の気が塞がれ、冬が訪れる頃。 空は重い雲に覆われるようになり、 生き物はじっと気をひそめている様子を表してい…